憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

世界中の旅人が憧れてやまない!カリブ海に浮かぶ人気の観光国「キューバ」

旅行

世界中の旅人が憧れてやまない!カリブ海に浮かぶ人気の観光国「キューバ」
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

Mr.ジャンボのキューバ情報

①軍事政権時代にアメリカから持ち込まれた原色のクラッシックカー達が今なお街中を走っておりまるでロカビリー映画の舞台にタイムスリップしたかのようです。
②市内の移動はもっぱら”ココタクシー”三輪バイクに屋根を付けたタイでいう”トゥクトゥク”の様な乗り物。気軽に街を巡るには便利です。
ハバナ旧市街
革命広場
アルマス広場
カテドラル広場
コヒマル
ハバナ・クラブ蒸留博物館
世界遺産 シエンフエーゴス
世界遺産 ホセ・マルティ広場
世界遺産 トリニダ
チェ・ゲバラ記念霊廟
世界遺産 インへニオス渓谷
バラデロ

社会主義国キューバ

カリブ海に浮かぶ社会主義国キューバ。
その首都ハバナの旧市街地はスペイン植民地時代の古い建物がほぼそのまま残り世界遺産に登録されている。
2015年7月、キューバは米国との国交を回復、古き良き面影を求め、世界中から訪れる観光客の熱気に包まれている。

観光の受け入れ体制も格段に向上しておりこれからも楽しみです。

街角のスローガン「すべてを革命のために」
ラム酒の試飲
さとうきびの絞り汁の試飲
街角の観覧馬車
ヘミングウェイが愛した酒場
モヒートを試飲
街角の大道芸犬
革命前のアメ車が動いています
ハバナ湾入り口の”モロ要塞”
ホテル・アンボス・ムンドス 511号はヘミングウェイの定宿
新旧市外をつなぐ、「マレコン海岸大通り」

客のすべてが米国人になった

バラク・オバマ(Barack Obama)米大統領の歴史的訪問が実現したキューバに、米国人観光客が殺到している。
キューバへの渡航規制が完全に取り払われれば、米国からの観光客で溢れかえり、キューバ本来の姿が失われてしまかもしれない。
そう危惧する人々が今のうちにと、次々に訪れているのだ。

2015年に実現した両国の国交回復のシンボルとなる。

市場拡大を見込んだ外資の進出が続きそう

アメ車タクシー

1
キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

関連記事

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸