誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

優れた景勝を持つ「日本三大庭園」の魅力をたっぷりと紹介

旅行

優れた景勝を持つ「日本三大庭園」の魅力をたっぷりと紹介
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

兼六園とは 日本三名園の一つに数えられる、廻遊式の庭園

兼六園は、金沢市街の中心部にある日本庭園で
「日本三大名園」の一つに数えられます

【瓢池(ひさごいけ)】

兼六園は、国の「特別名勝」に指定されており
「日本さくら名所100選」にも選定されています

【日本最古の噴水】

兼六園は、江戸時代に加賀藩の庭園として造られ
明治以降に一般公開されるようになりました

【根上りの松】
40本以上の根が地上にせり上がった老松です

【金沢城】
金沢城は、金沢市の中心部に位置する城郭跡で
兼六園とは「百間堀通り」を隔てて隣接しています
【百間堀通り】
兼六園を出て橋を渡り、石川門から入城できます
【石川門(重要文化財)】【五十間長屋と菱櫓】
金沢城一帯は国の「史跡」に指定されており
「日本百名城」にも選定されています
【五月初旬の金沢城】
【ことじ灯籠】
金沢城がツツジに包まれる頃に咲く桜があります

【兼六園菊桜】
兼六園菊桜は、一つの花に花びらが300枚以上つき
菊の花のように咲くことからこの名で呼ばれています
開花期は4月下旬から5月上旬までの約2週間です
全国にある桜のなかでも特に珍しい品種です




加賀百万石の文化を映す、歴史的文化遺産

水戸偕楽園(かいらくえん)、岡山後楽園(こうらくえん)とならぶ日本三名園の一つ、兼六園。兼六園は江戸時代の代表的な大名庭園として、加賀歴代藩主により、長い歳月をかけて形づくられてきました。金沢市の中心部に位置し、四季折々の美しさを楽しめる庭園として、多くの県民や世界各国の観光客に親しまれています。

兼六園1

広大な土地に、池、築山、御亭を配置した、廻遊式の庭園

兼六園は、「廻遊式」の要素を取り入れながら、様々な時代の庭園手法をも駆使して総合的につくられた庭です。廻遊式とは、寺の方丈や御殿の書院から見て楽しむ座観式の庭園ではなく、土地の広さを最大に活かして、庭のなかに大きな池を穿ち、築山(つきやま)を築き、御亭(おちん)や茶屋を点在させ、それらに立ち寄りながら全体を遊覧できる庭園です。いくつもの池と、それを結ぶ曲水があり、掘りあげた土で山を築き、多彩な樹木を植栽しているので、「築山・林泉・廻遊式庭園」とも言われています。

兼六園2

歴代藩主が抱いた繁栄の願いを投影

何代もの加賀藩主により、長い年月をかけて形づくられてきた兼六園ですが、作庭における基本的な思想は一貫していたようです。その思想とは神仙思想。大きな池を穿って大海に見立て、そのなかに不老不死の神仙人が住むと言われる島を配します。藩主たちは、長寿と永劫の繁栄を庭園に投影したのです。最初の作庭者、5代藩主・綱紀(つなのり)は、瓢池に蓬莱(ほうらい)・方丈(ほうじょう)・瀛州(えいしゅう)の三神仙島を築きました。また、13代藩主・斉泰(なりやす)も、霞ヶ池に蓬莱島を浮かばせています。


後楽園(岡山市)

約300年前に岡山藩2代藩主池田綱政(いけだつなまさ)
が藩主のやすらぎの場として作らせた庭園です。

延養亭や能舞台を中心に園内各所に置かれた亭舎や祠には、
歴代藩主の思いが込められています。
広い芝生地や、池、亭舎が園内や水路で結ばれ、
歩きながら移り変わる景色を眺めることができるよう
工夫された庭園です。

【 廉池軒(れんちけん)】
園内に点在する亭舎の中で、築庭を指示した藩主池田綱政公がもっとも好んで利用していたといわれています。
廉池軒からの眺望は水の景色に優れ、沢の池やひょうたん池などが臨めます。

後楽園1

【延養亭(えんようてい)】
藩主が後楽園を訪れた時の居間として使われました。
沢の池と唯心山、借景の操山など園内の景観が一望できる後楽園の中心的建物です

後楽園2

後楽園の紅葉の見頃は、例年11月下旬から12月初めにかけて。園内に約300本のモミジがあり、そのうち100本のモミジが集まる林「千入の森(ちしおのもり)」は、紅葉し始めの緑・黄・紅のグラデーションから紅葉真っ盛りの紅一色に染まった様子まで楽しめる園内紅葉の名所。


偕楽園(水戸市)

日本三名園の一つ「偕楽園」。
水戸藩第九代藩主・徳川斉昭公によって創設されました。

都市公園としては、ニューヨーク市のセントラルパークに次いで世界第2位の面積を誇ります。
早春には約100品種、3,000本の梅の花が咲き誇り、梅の名所としても知られています。

表門から一の木戸を抜けると、孟宗竹利、大杉森、クマザサが茂る幽遠閑寂な「陰の世界」が広がります。
そして、その先に繋がるのは、好文亭が現れ見晴らしが良い「陽の世界」。
「陰」から「陽」へ、正しい順路で歩くと、偕楽園本来の姿を知ることができます。

偕楽園は金沢の兼六園、岡山の後楽園とならぶ「日本三名園」のひとつで、天保13年(1842年)に水戸藩第九代藩主徳川斉昭によって造園されました。斉昭は、千波湖に臨む七面山を切り開き、領内の民と偕(とも)に楽しむ場にしたいと願い、「偕楽園」をつくりました。園内には約百品種・三千本の梅が植えられ、早春には観梅客でにぎわいます。

偕楽園1

偕楽園は梅の名所として有名ですが、その他にも四季折々の見所があり、春には桜、初夏には深紅のキリシマツツジ、真夏には緑あざやかな孟宗竹や杉林、秋には可憐な萩の花やモミジが見られます。これらを通して眼下に広がる千波湖を望む景観は絶景の一言です。 また、偕楽園の眼下に拡張した新しい公園は、梅を中心とした田鶴鳴(たづなき)、猩々(しょうじょう)、窈窕(ようちょう)の各梅林、芝生広場の四季の原、水鳥たちが遊ぶ月池などが点在し、広大な風景をゆったりと楽しめます。

偕楽園2

偕楽園の桜は、天保2年(1831年)斉昭夫人の登美宮(とみのみや)が降嫁の折、仁孝天皇から京都御所の左近の桜の鉢植えを賜ったことにさかのぼります。
東京小石川の後楽園徳川邸に植えられたこの桜は、天保12年(1841年)弘道館の落成にあたり弘道館正庁玄関前に移植されました。その後、初代・二代目は枯れてしまい、現在の桜は昭和38年(1963年)弘道館改修工事の完了を記念して茨城県が宮内庁より京都御所の左近の桜の系統(樹齢7年)を受領し、弘道館と偕楽園に植えたものです。

1
藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

関連記事

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸