今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

東京スカイツリーを上から下まで楽しみ尽くす方法!!

旅行

東京スカイツリーを上から下まで楽しみ尽くす方法!!
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

東京スカイツリー概要

東京スカイツリーの大きな役割は地上デジタル放送の送信です。
2003年12月より関東地方の地上デジタル放送が開始されておりますが、電波の送信について都心部に林立する200m級超高層ビルの影響を受ける可能性が出てきました。
そこで600m級の新タワーからの送信が望まれたのです。

600m級の新タワーに移行すると、地上デジタル放送の送信高は現在の約2倍となりますので、年々増加する超高層ビルの影響を低減できると共に、2006年4月に開始された携帯端末向けのデジタル放送サービス「ワンセグ」のエリアの拡大も期待されています。
また、災害時には防災機能のタワーとしての役割も期待されています。

「東京スカイツリー 内部」

2012年5月23日(水) 快晴 東京スカイツリーのオープン翌日 午前8時入場
建設当初から楽しみにしていたスカイツリーへオープン翌日に行ってきました。
天気は快晴で関東平野を360度一望できる眺望は想像以上でした。
当日の東武伊勢崎線スカイツリー駅からスカイツリー正門入場まで、
そして展望デッキからすぐに展望回廊へ行き
、上から順々に見て回った経路を動画でも時系列にそのまま振り返っています

高さ634mの決定

東京スカイツリーの高さについては、プロジェクト当初から「約610m」としておりましたが、当初から自立式電波塔世界一を検討しており、世界一を目指した範囲を想定して構造等の対応を行ってまいりました。
その結果、世界各地で高層建造物が計画、建設されている中で、自立式電波塔として高さ世界一を目指し検討を重ね、634mに最終決定しました。
この甲斐もあり、高さ634mの東京スカイツリーは2011年11月17日にはギネスワールドレコーズ社より世界一高いタワーとして認定されました。

634mという高さの数字を決定するにあたり、世界一のタワー・地域のシンボルであるタワーとして、覚えやすい数字にしたいと考えました。
そんな中この「634=むさし」の響きは日本人にとってなじみ深い言葉であるだけでなく、旧国名のひとつで、東京・埼玉・神奈川の一部を含む大規模な地域を指す武蔵国を連想させます。
東京スカイツリーが立つエリアも、歴史をひも解くとかつては武蔵国でした。
タワーからは武蔵国を望むことができ、展望台に上ると目の前には、いにしえの風景がよみがえり、江戸の東、東京の東という歴史性や地域性に思いを馳せていただけると思います。

こうしたなじみ深い数字にすることによって東京スカイツリーの高さを、広く一般に覚えていただきやすいのではないかと考えております。

上に向かって伸びていくのがすごく楽しくてわくわくする

高さ300mを超えた東京スカイツリー。
建設中のスカイツリーに魅せられてしまった人々、
ちょっと変わった東京スカイツリーの楽しみ方と映像記録の様子を紹介します。

約4時間待ち・・

3連休のど真ん中!東京スカイツリーの天望回廊に行ってきました。
当日入場チケット購入の整理券、約4時間待ち・・
その間の時間、この様に楽しんできました。

時間潰しに
隅田川、浅草方面に行ってみよう。
歩いて十分行ける距離です。

まずは350mの展望デッキに・・・

この階で
天望回廊(450m)行きのチケットを購入します。

スカイツリーのビアガーデン

スカイツリーの楽しみ方

東京タワーとは違うなー

スカイツリータウン

1
旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法